2014年12月22日

パッツオはコオロギか?



パッツオ八面六臂の大活躍!


12月6日
少数精鋭主義に徹するオケと共演!
R0017298.JPG 


129


疲労のあまり幽霊状態のパッツオ
(脱いだ作務衣の上着が一体に見えているだけで、パッツオがもう幽霊になっているわけではない)

 即興演奏教室.jpg



1221



スーツの虫干し完了
ダブルベース.jpg



続きを読む
posted by パッツオ at 15:08| Comment(0) | スローミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

パッツオの歌手デビュー



パッツオ堂々歌手デビュー
IMGS6266_R.JPG



パッツオは823日、ビーンズタイムごった煮セッションにおいて、ベースの弾き語りを決行「いつか自由にあなたに会える」を熱唱しました。



 出来栄えは当然、歌唱力なし、音程不確か、言葉不明瞭、ルックス以外は、どんなへたくそタレントでも、これほど酷くはないという不出来でした。



ところが、コンセプトは素晴らしく、歌詞の不明瞭さを、補うべく事前に、ブログ記事の抜粋を配っていたこともあり、守大助さんの叫びはパッツオを通して、聴衆の胸に届いたのです。

 聴衆のぱらぱら拍手も、予想外の感動の大きさで一瞬息を飲んだと考えれば、十分納得できるものです。


続きを読む
posted by パッツオ at 20:53| Comment(0) | スローミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

相八管弦団(相原八幡宮奉納芸能管弦大楽団)結成

パッツオ相模っぱらに雌伏すること5年間、ついに相原八幡神社奉納演奏デビューを果たしました
「リュリのマーチと日本の四季」

(凧制作とオカリナ担当の横山氏のユーチューブhttps://www.youtube.com/watch?v=G85lujyOakc

から)
5年目は
奉納演芸
初出演
能あるパッツオ
爪を隠さず


荒城の月相八バージョン
スコアー
荒城の月相八 2017 06 07 スコアー.pdf

スコアーです、パート譜はちょっと待ってください。
リュリのマーチと日本の四季2017 06 08.pdf

荒城の月 オーケストラバージョンはここにあります(解説あり)
http://bachhcab.seesaa.net/article/436424032.html?1497594216


続きを読む
posted by パッツオ at 14:33| Comment(1) | スローミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

スローミュージック誕生!

パッツオ久しぶりのライブ演奏。
パッツオベース 
 カズオギター 
 ケイジハモニカ
この三者が目くるめく感動の一時間を熱演します。
 
スローフードがあるのなら、スローミュージックがあってもいいではないか? がコンセプトになります。
スローライフを目指す方は、ぜひ!

日時
5月9日 午後5時〜午後6時
場所   八王子みなみ野 ビーンズタイム 
https://beans-time.jimdo.com/アクセス/

演奏者 スローミュージックバンド
ゲスト コマドリも出演? (A Nightingale Song In Berkelay Square)

サマータイムはまだ仕上がっていないので5月9日には演奏しません、イメージサンプルですよー。

続きを読む
posted by パッツオ at 14:05| Comment(0) | スローミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

スローミュージック旗揚げ公演 大成功?

5月9日に行われたスローミュージックの試験ライブ演奏は、無事終わり大きな反響を呼び起こしている (はずである、確かめてはいないが、予想はつく)
当日の聴衆は数年前に行った,スロボート公演の聴衆2人を,大きく上回る3人、実に一挙に50パーセントの増員達成、となった(この時も奏者は3人)


最初の曲
まず小鳥のさえずりから始まる、ナイチンゲールがどのような鳴き声なのかは、よく知らないが、
たぶん、繁殖期に囀る鳥だろうから、一緒に囀る鳥たちもたくさんいると、勝手に想像して、いろいろな鳥を登場させた、この部分は相八楽団として動員された、仲間に参加してもらった。(タコ爺、削り魔、お世話になりました!)
続きを読む
posted by パッツオ at 14:09| Comment(0) | スローミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

相原八幡宮奉納国際管弦楽団、堂々の予告編

2017年度相八奉納団、編曲がやっと完成しました。ブログ読者限定で、公開します。
最終アレンジです(花から始まり、マーチで終わります)
太鼓は省略してあります。



古いバージョン、MP3ファイルのユーチューブ
元の場所はここですhttps://www.youtube.com/watch?v=dHm4RCPT6Tg&t=106s



できれば、四季の歌と四季の画像を、関連させたかったのですが、パッツオの実力がそこまで到達しておらず、多少の関連がみられる程度です、天は2物を与えずといいましょうか、、、

譜面をアップするのがこの記事の目的ですから以下に、
相八奉納演奏2017 Alto Recorder.pdf
相八奉納演奏2017 Flute .pdf
相八奉納演奏2017 Oboe.pdf
相八奉納演奏2017 Ocarina in F .pdf
相八奉納演奏2017 たいこ .pdf
相八奉納演奏2017 通奏低音 .pdf
相八奉納演奏2017 Vc .pdf
相八奉納演奏2017 スコアー .pdf
バックアップにフィナーレファイル
マーチ四季 2017 07 20 mp3.mus

続きに追加曲をアップしました続きを読む
posted by パッツオ at 11:40| Comment(0) | スローミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

相八楽団 奉納演奏で、村民を大いに唸らせる

20178月8月20日に行われた、相八楽団の壮挙をここに明らかにする(記事書き込みは2018年1月)
まずは祭礼当日のスナップをスライドショーにしたものをご覧ください
(写真は志立錬氏撮影、音楽は浜辺の歌を音楽ソフトで作成)
当日の画像も残っているのであるが、関係者全員の同意がとられなかったので、公開はしていません。


当日の演奏に代わり、ソフトで作成した音をアップします。(このように演奏することになっていましたが、当然このように、演奏できませんでした。)


急遽太鼓を八木茂氏にお願いしましたので、本番では大分にぎやかになりました。


続きを読む
posted by パッツオ at 21:00| Comment(0) | スローミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

ZIMAGINライブ 第2弾のお知らせ


場所  表参道 ZIMAGINE http://zimagine.genonsha.co.jp/information
日時  2018年2月10日 13時より16時(12時30分オープン)
入場料 1200円(予約なしの場合1300円) 飲み物別途清算

 第一部 VERSEから読み解く1930年代以降の JAZZ STANDARD SONGS 13時より14時
    尾碕邦武Vo+木村康男P+佐野宏Vib+パッツォB+井上研一B

第二部 パッツオ小川の世.界(スローミュージック:テイクオフ) 
     14時10分より15時
     P+Vib+B+長谷川貞夫Ts+出雲井裕美Vo
 
 第三部 スタンダードジャズの懐メロ大集合 午後15時10分より16時
 
 下のユーチューブで 木村康男のピアノを聴くことができます (この曲は2月10日では演奏しません)太鼓の小西勝さんは、2月10日 応急隊員として参加してくれます、(今回は無謀にも太鼓なしで行う予定ですが、リズムが破たんしそうな場合は、太鼓叩いてもう予定です)
    
     


なお、当日ナースも参加できそうです、これで老人の出演者も、憂いなく演奏に集中できます、彼女は「看取りには自信ある」といってましたからね       

続きにプログラムを載せます
続きを読む
posted by パッツオ at 20:34| Comment(0) | スローミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

スローミュージック:テイクオフ?

ライブから2週間たった、とりあえずユーチューブにアップ。
スローミュージックらしい曲、「日本の四季」

現住所https://www.youtube.com/watch?v=ceF4kBN9RaU
音楽は楽器だけで成り立っているのではない、本当は鈴虫やコオロギにも、出演してもらいたかったが、、、、
記録された音源でない、アナログ音源による、秋の虫。(スローミュージックはアナログ音源にこだわるのだ)
次回は鳥のさえずり、セミの声も、登場させたい、、、ついでに夕立の音や、雷の音も、、、風鈴の音は一昨年奉納演奏で取り入れた



これもすろーみゅーじっくなのだ (少なくともスロミュージックライブの一翼を担っている)


なぜ狭い時期と地域に限定した尾碕ボーカルの「第一部」もスローミュジックに含むと考えたか
パッツオが、母国語でない英語でスタンダードジャズを唄へば偽物になる、この場合は到底スローミュージックになりえない。
刎頚の友はシンガポール、北米、と英語圏に長く住み、英語米語?が身についている。 つまりアメリカ文化の伝統を、血肉化して、自家薬篭中のものとしている、そいつが歌う音楽は本物だと思う、パッツオには取り組む姿勢などからそう見える(音楽として本物かどうかの審美眼は、残念ながらパッツオにはないのだが、)

パッツオは伝統音楽にこだわるが、何も日本語の歌詞で歌うことにこだわるわけではない。
偏狭なナショナリズムとは無縁なところを目指している、つもりだ。





続きを読む
posted by パッツオ at 16:18| Comment(0) | スローミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

 同じネタを使いまわすパッツォ!  



いよいよパッツォも邦楽奏者とコラボできそうな、状況になってきた。
邦楽の専門家を、いかにしてパッツオ作品に巻き込んでいったかは、今詳細は書けない。
出し物は、例の「日本のしき」


MP3 


4声部の譜面はここ(pdfファイル、フィナーレファイル)
四季 コラボ用.zip


オタマジャクシはここ

スコアー otama 2018 09 09.pdf
スコアー実音表記 おたま 実音 2018 09 09.pdf

バックアップ用に otama.mus

琴パート改訂版
おたま 琴加工 2018 09 15.pdf

おたま スコアー加工 (F).mus

バックアップ
クリスマス 2018 11 07 実音.mus続きを読む
posted by パッツオ at 08:33| Comment(0) | スローミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする