2013年04月16日

まほろば 舟歌

畏友宮下さとるの作品をアップしてみましたまほろば 舟歌yoi 2013 04 08.musIMG  スケッチ 北海道.jpg
作曲宮下さとる 編曲 パッツオ小川(内声を追加)少し機能和声から脱却を図っています。早くもバッハを凌駕する勢いが感じられます。
posted by パッツオ at 13:44| Comment(0) | アンサンブルmp3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

箸かフォークナイフか?(きょっきしょうりん)


2006イタリア旅行その2 068.jpg

先週の土曜日に姪っ子の結婚披露宴に出席しました。

供された料理にフォアグラのソテーが出てきました、面白いことに、箸でもナイフ、フォークどちらでも、お好みでご賞味くださいと説明がありました。

 
 
この時にひらめいたことは、「箸で食べると和食になり、ナイフフォークなら洋食になるんだろーなー」です そしてめまぐるしく、想起し連想し、思考を深めてゆきました


結論は、こうです 「料理は、脳で味わっている」もう少し丁寧に説明すると、視覚、味覚、嗅覚、触覚、聴覚、文字情報、を脳がインプットされて、過去の記憶と照らしあわされて、うまかった、その他の反応が起こる、ということです。

この命題について論証すると、膨大な文字数を必要としまし、パッツオの文才をもってしても、この当たり前すぎる、霊妙な思想をわかりやすく、皆さんにお伝えすることは出来そうにありません。


 何しろ天才の思考の特徴として、思考過程がショートカットに満ちているのです。

しかし、この様な皮膚感覚を持ち始めた、経緯のごく一部を書いてみます。


画像は、ルッカで何気なく入った、レストランで隣に座った、フランス人のカップルの写真です。



続きあり



続きを読む
posted by パッツオ at 13:58| Comment(0) | アンサンブルmp3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

8月6日 (組曲まほろば さざんか)



よく日本は唯一の被爆国だと言う、しかしその経験を生かしているのだろうか?

 

パッツオは「被爆者の子供」なる手帳を持っている。父親が広島近くの宇品に勤務していて、被爆直後から被災地の救援活動をした関係で、被曝手帳を持っていた。


片親が被爆者の場合は、申請するだけで、それはもらえる。
2006イタリア旅行その2 043.jpgフィレンツェ、
ドォーモ附属美術館にて
                  



宮下「さとる作 パッツオ編曲
組曲まほろば さざんか

 

続きを読む
posted by パッツオ at 20:26| Comment(0) | アンサンブルmp3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

釧路原野と和菓子の音



何はともあれ更新



 



釧路原野のスケッチです、上がパッツオ、下が家人



 IMG  スケッチ 釧路原野.jpg


















スケッチ 釧路原野 アキ_0002.jpg















ところで古オケの皆様、荒城の月は、もう少し時間がかかります。

7
月初め8月のアンサンブルでまでに、編曲を仕上げますと書きましたが、



この暑さでも、編曲の完成度を揚げる作業が、できると思ったこと事態、すでに暑さで頭が、やられていたんだなと、気が付きました。



 

「仰げば尊しバッハの音」


(下の譜面はフィナーレのソフトがないと開けません、PDFファイルにすることも、もはやかったるいのです)
仰げば尊し yoi.MUS (仰げば尊しわが師の恩)



続きを読む
posted by パッツオ at 10:33| Comment(0) | アンサンブルmp3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

たらこひじき その2


何とか更新

タラコひじきその2 



(パッツオ未だカエサルに及ばず)の続き 



 スケッチ デュオ_0015.jpg


ベローナの橋から、次の橋を望む
上はパッツオ、下は家人







スケッチ デュオ_0016.jpg













星に願いを リコーダーとフルートによる2重奏 (寿ヴァージョン) 

名前を呼ばれて、診察室に入ると、温厚な白衣の紳士が画面を見ていた。

デスクトップには、おなじみの、タラコがひじきを咥えている映像があった、

医者は言う

 「大腸がんは切ってしまうと、感染症さえ起こさなければ、すっきり良くなります。この位置であれば、人工肛門の必要はなさそうです」


この言葉を高山クリニックで聴きたかったのだ!


このお言葉を、パッツオは期待していたのだ!


ところが、聴いた瞬間パッツオが思ったのは{まだ精密検査をしていなくて、よくそんな甘い見通しを立てられるものだ。こりゃー信用できねーなー、たぶん末期がんなのだ、手遅れだと言っては、ダメージが大きいので、言えないんだろなー、}


続きを読む
ラベル:癌治療 大腸癌
posted by パッツオ at 15:07| Comment(0) | アンサンブルmp3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

キリストの埋葬 模写



「キリストの埋葬」の模写

2003 07 02 模写_0001.jpg

このスケッチはカラヴァッジョ「キリストの埋葬」の模写

ルーベンスも模写したそうだ。

そっちは見ていないが、パッツオの方が優れていると、断定する。


大体ルーベンスは、デッサンがくるっているし、絵がへただ。

しかも、こっちは高々1時間もかけずに、すいすいと模写した。(ルーベンスは油絵だから最低数週間以上かけているだろーな)


原画には、右手にもう一人いるのだ、何度も試みたが、うまくかけなったので、思いきって消しゴムで消した。


原画を良く見るとその女は、なんとなく不自然に見えるところがあり、この部分で模写が行き詰ったのは、パッツオの力不足ではなく、カラヴァジョの原画そのものに問題があったことが分かった。


禁じられた遊び (リコーダー、ギター,コントラバス)相原3丁目当麻田町内会専属3奏団用に編曲したもの
パッツオは地産地消の音楽を追求し始めた、この音楽運動をスローみゅうじっく運動と命名する。

禁じられた遊び 2013 09 17.mus
(フィナーレのファイル)
続きを読む
posted by パッツオ at 15:23| Comment(0) | アンサンブルmp3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする